-為替、株式、仮想通貨を徹底解説-

おすすめの株式投資で長期保有やデイトレードの最安値で買うための勉強法

この記事を書いている人 - WRITER -

基本的な株式指標を理解する

初心者が購入する時に、株式価値をどう計測をしたらいいのか考えるでしょう。
そこで、どうやって計測をしたらいいのか詳細に記述をする。

PER、BPS、PBR、ROE、ROEって何か

ヤフーファイナンスの会社情報などを読むと色々と書いてある。
このアルファベットの意味を知りましょう。
どんなものか、初心者は投資の指標とする必要があります。

PERとは


今の株価は現時点での収益の何倍かというのが重要な要素となります。
ただ、人気企業はこれが非常に高い可能性があります。
投資家が企業の成長を確信していると言ってもいいでしょう。

BPSとは

1株当たりの資産を考えるのだ。
例えば、100億円の資産があり100株で1株当たり1億円。
つまり、理論的には株価は1株1億円以上の価値があるはずとなります。

内部留保金を多く抱えているのが、株価が低迷している場合は買い時と言える可能性があります。

PBRとは

会社が解散し、1株当たりいくら株主が貰えるのかということです。
株価から考えて、資産価値を考えるのだ。

現在の株価が適切かという指標となります。

ROEとは


このROEが高いと会社の収益率が高いのだ。
資本金が少ないのに利益が大きいとこれが大きくなります。
ROEが高いのは、ネット企業などが多い。
元手が大きくかからないからなのだ。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© MONEYマガジン , 2018 All Rights Reserved.