-為替、株式、仮想通貨を徹底解説-

スタバ、コメダ、サンマルクの購入し、株価チャートや配当より重要な指標とかカフェ業界への株式投資を考える

この記事を書いている人 - WRITER -

投資するならコメダか、スタバか

カフェといえば、スターバックスだろうか。
ドトールなども店舗内で喫煙できるということで利用者は多い。

その中で急成長しているのがコメダ喫茶店だ。
競合が多いが、カフェチェーンの各グループの売り上げは好調だ。

拡大余地があるチェーン店がねらい目か

総合

[table id=55 /]
[nopc]
ブランド名満足率(%)
星乃珈琲店48.0
サーティワンアイスクリーム47.5
コメダ珈琲店46.9
ドトールコーヒーショップ44.6
上島珈琲店44.2
[/nopc]

利便性

[table id=58 /]
[nopc]
ブランド名満足率(%)
スターバックスコーヒー39.4
ドトールコーヒーショップ39.0
カフェ・ド・クリエ38.4
ミスタードーナッツ38.1
コメダ珈琲店36.8
[/nopc]

料理

[table id=56 /]
[nopc]
ブランド名満足率(%)
サーティワンアイスクリーム46.4
スターバックスコーヒー44.7
星乃珈琲店44.1
コメダ珈琲店43.9
上島珈琲店40.9
[/nopc]

コスパ

[table id=59 /]
[nopc]
ブランド名満足率(%)
カフェ・ベローチェ30.2
ミスタードーナツ29.3
ドトールコーヒーショップ29.2
イタリアントマト26.2
コメダ珈琲店24.7
[/nopc]

雰囲気

[table id=57 /]
[nopc]
ブランド名満足率(%)
椿屋珈琲店44.0
星乃珈琲店43.5
コメダ珈琲店42.2
スターバックスコーヒー39.1
喫茶店ルノアール38.0
[/nopc]

接客

[table id=60 /]
[nopc]
ブランド名満足率(%)
スターバックスコーヒー36.3
コメダ珈琲店34.1
喫茶店ルノアール33.9
椿屋珈琲店33.6
星乃珈琲店31.2
[/nopc]

データ引用元 週刊ダイヤモンド

コメダはまだ店舗数はそれほど多くない。
愛知県に集中している。
今後、関東に出店数を増やせば収益が大きく増加する可能性がある。

カフェ需要が高い高成長産業か

勉強、待ち合わせ、面談、打ち合わせ。
カフェで行うことが多くなったと思われます。

以前からある喫茶店に取って代わったというものです。
スタバやタリーズなどはその単価が高く、高収益を維持している。

果たして、この牙城をどう崩すのか。
コメダやドトールのような日本のカフェは単価が安いが、特徴が違います。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© MONEYマガジン , 2018 All Rights Reserved.