-為替、株式、仮想通貨を徹底解説-

マクドナルド、モスバーガーなどファストフード株へ投資方針とは 売り時、買い時や株主優待目的での最低金額購入や単価より株価をどう評価するか

この記事を書いている人 - WRITER -

マックは買いか

身売り話がでた日本マクドナルド。

米マクドナルドが約5割を握る日本マクドナルドホールディングス株の売却に向け、大手商社や国内外の投資ファンドに打診を始めたことが21日わかった。最大約33%分を売却する方針で、譲渡先は筆頭株主として経営の主導権を握る可能性がある。売却額は1000億円規模の見通し。外部の資本とノウハウを取り込み低迷する日本事業の再建を急ぐ。
引用元 日本経済新聞

2015年に売却話が飛び出したが、現時点で立ち消えになった。
業績が大幅回復したことで待ったがかかったのだ。

店舗数がすでに全国津々浦々にあり出店攻勢で業績回復は難しい。
他のファストフードも同様だろう。

ただ、インバウンドにも助けられて売り上げはファストフードは好調を持続している。

結局、コスパ

コスパ

[table id=61 /]
[nopc]
ブランド名満足率(%)
マクドナルド33.6
バーガーキング29.6
サブウェイ26.0
モスバーガー24.3
ロッテリア23.5
フレッシュネスバーガー23.5
ケンタッキーフライドチキン23.0
ファーストキッチン22.3
[/nopc] 利便性
[table id=62 /]
[nopc]
ブランド名満足率(%)
マクドナルド43.1
モスバーガー38.8
ケンタッキーフライドチキン37.6
サブウェイ37.2
フレッシュネスバーガー33.8
ファーストキッチン33.2
ロッテリア32.4
バーガーキング32.4
[/nopc] 雰囲気
[table id=63 /]
[nopc]
ブランド名満足率(%)
モスバーガー37.2
フレッシュネスバーガー36.0
ケンタッキーフライドチキン31.3
サブウェイ30.1
ファーストキッチン28.0
マクドナルド28.0
バーガーキング27.8
ロッテリア27.4
[/nopc] 料理
[table id=64 /]
[nopc]
ブランド名満足率(%)
モスバーガー54.9
フレッシュネスバーガー54.8
バーガーキング49.1
サブウェイ49.0
ケンタッキーフライドチキン45.9
ファーストキッチン36.1
ロッテリア33.1
マクドナルド32.3
[/nopc]

データ引用元 週刊ダイヤモンド

安いから食べているというの現状だろう。
大きく成長も見込めないの。

優待などで人気のマクドナルドだが、投資家としてどこまで期待できるのかは微妙だと言っていいだろう。
新しい何か対策やイノベーションを行った時にだけ、投資妙味が出てくるかもしれない。

米国株か、日本株か

日本での株主優待を利用したいなら優待の確定日が過ぎた時点で購入するといいでしょう。
マクドナルドやスターバックスコーヒーは優待目当てでの購入が非常に多いことで有名からです。

株価が上がり、買い時ではありません。
逆に優待確定日前が売り時なんです。

最低購入は何株からかと言えば、100株から可能です。
権利落ち日を基軸として買うことを狙ってください。

配当だけを狙うなら、購入時期はアメリカ株がおすすめ。
配当がここ十年全く下がっていません。

米国株を扱っている

[table id=34 /]
[nopc]
 マネックス証券SBI証券楽天証券
取扱銘柄数339413811302
手数料約定金額0.45%
(最低5ドル、上限20ドル)
約定金額0.45%
(最低5ドル、上限20ドル)
1取引25ドル
リアルタイム株価無料有料(500円/月)有料(1000円/円)
取引ソフトPC、スマホ-PC
貸株--
時間外取引--
決済外貨外貨、円外貨、円
為替手数料25銭25銭25銭
特定口座対応対応対応
口座開設はこちら口座開設はこちら口座開設はこちら
[/nopc]

詳細は、米国株の高配当について

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© MONEYマガジン , 2018 All Rights Reserved.