-為替、株式、仮想通貨を徹底解説-

売れないICO詐欺対策への注意喚起と見抜く方法、おすすめ仮想通貨ウォレットの見分け方

この記事を書いている人 - WRITER -

コインチェック問題で分かった保存方法

ホットウォレットとコールドウォレットが話題となった。
コールドウォレットはネットなどから隔離されている財布、
ホットウォレットはオンラインからアクセス可能な財布と定義していいだろう。

今は金融庁から認可されている取引所はコールドウォレットは義務付けられていると思われる。
しかし、日々ハッキング攻撃を受けている中でどこまで安全性が担保されているのか分からない。

逆に利用者はドンドンとログインする手間がかかってしまっているというリスクがある。
ビットコインやイーサリアムのような通貨の専用ウォレットへ入れても同様で100%ではない。

今後は取引所に預けることの方が安全かもしれないが・・・。
問題はどういった対策をしているのかは非公開であり、どの会社が良いのか判断は難しい。

ICO詐欺と一攫千金

株式のIPOと同じく、新規コイン上場のことだ。
参加が簡単なのも特徴で出資はビットコイン、イーサリアムなどが中心となっている。

資金調達手段として有力なのと同時に詐欺も横行している。
もともと東証のような審査基準がなく、誰でも参加できてしまう。

そもそも実体がないコインあり、玉石混合の状態。
運営母体がどのような会社がほとんど分からない。

イーサリアムやリップルのようなコインなら信用性が高い。
だが、これらも昔には誰もが懐疑的であった。

怪しいICOを見破る

相手が匿名の場合

多いのが情報商材屋のICOのケース。
名前や顔が掲載されても、外国人で誰なのか不明なことは多い。
少なくとも、母体があるていどしっかりしている団体でないと詐欺のケースがある。

ウェブサイトやホワイトペーパーが不備

ウェブサイトやホワイトペーパーが全くないもの。
他には内容が全く変なケースがある。
例えば、大手企業が関与していると書かれているが企業に訊くと全く知らないということもある。

ねずみ講が疑われる

アフィリエイトなどを利用した紹介手数料目当ての場合あります。
本人は出資する気がないのに、紹介して稼ごうとしているマルチまがいのものです。

こうったものには手を出さない方がいいでしょう。

高リターンを約束されている場合

そもそも100倍以上に値上がりすようなものはありません。
仮にそうなるなら紹介しません。

高いリターンを望んで仮想通貨へ投資している人は多いでしょう。
しかし、それでは全く稼げないことを知るべきではないでしょうか。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© MONEYマガジン , 2018 All Rights Reserved.