-為替、株式、仮想通貨を徹底解説-

従業員満足度ランキング 飲食・外食産業へ転職を考えている新卒や30代、40代の参考に!高収入や福利厚生で考える転職エージェントで決断するための後悔しない選び方

この記事を書いている人 - WRITER -

どの外食チェーンがいいのか

外食産業はすでに外国人アルバイトばかりとなっている。

鳥貴族でも外国人が焼いていたりと人手不足に頭を悩ませている。
人件費をメニューに転化すると、客足が遠のくのだ。
鳥貴族が売り上げを落としたことを覚えている人も多いだろう。

低価格の均一料金を武器に支持を集めてきた、焼き鳥居酒屋チェーンの鳥貴族。積極出店で成長を続けてきたが、苦しい状況に立たされている。
同社は7月上旬に2018年7月期の業績予想を下方修正。営業利益は15億円(前期比3.4%増)と、従来予想から8.5億円減額した。原因は昨秋実施した値上げだ。
引用元 東洋経済オンライン

転職するか、就職するか

これだけ人手が足りないということは転職も就職もしやすいのだ。

就職する場合は、従業員満足度ランキングを参考にして欲しい。
転職する場合は、やはり大きく転職エージェントなどに条件調整をさせることだろう。

DODAやリクナビなどには多くの飲食業から幹部のリクルーティングがあるという。
問題はダイレクトに申し込むと条件が違うということがあるのだ。

休日、給与、待遇などを一度調整してみてはどうだろうか。

従業員満足度ランキング

[table id=66 /]
[nopc]
順位社名主なブランド名総合評価
スターバックスコーヒースターバックスコーヒー4.58
アレフびっくりドンキー3.26
物語コーポレーション丸源ラーメン3.25
壱番屋CoCo壱番屋3.13
吉野家吉野家3.13
鳥貴族鳥貴族3.12
セブン&アイ・フードシステムズデニーズ3.07
ハイデイ日高日高屋3.07
日本ケンタッキーフライドチキンケンタッキーフライドチキン3.06
10日本マクドナルドマクドナルド3.05
11トリドールホールディングス丸亀製麺3.05
12エー・ピーカンパニー塚田農場3.04
13ブロンコビリーブロンコビリー3.01
14サイゼリヤサイゼリヤ3.00
15あきんどスシロースシロー3.00
16エスエルディーKawara CAFE&DINING2.98
17シャノアールカフェ・ベローチェ2.97
18ロッテリアロッテリア2.97
19きちりKICHIRI2.96
20くらコーポレーション無添くら寿司2.95
21レインズインターナショナル牛角2.93
22タリーズコーヒージャパンタリーズコーヒー2.93
23幸楽苑ホールディングス幸楽苑2.91
24ロイヤルホールディングスてんや2.89
25ダスキンミスタードーナツ2.88
26ワイズテーブルコーポレーションPIZZA SALVATORE CUOMO2.87
27ダイナック鳥どり2.86
28モスフードサービスモスバーガー2.83
29大戸屋大戸屋ごはん処2.82
30すき家本部すき家2.81
31東和フードサービス椿屋珈琲店2.80
32ひらまつひらまつ2.79
33プレナスやよい軒2.79
34松屋フーズ松乃家2.78
35イートアンド大阪王将2.77
36はなまるはなまるうどん2.76
37ワタミ和民、坐・和民2.76
38すかいらーくレストランツガスト2.75
39チムニーさかなや道場2.72
40ココスジャパンココス2.69
41ユーシーシーフードサービスシステムズ上島珈琲店2.68
42木曽路木曽路2.68
43コメダコメダ珈琲店2.66
44王将フードサービス餃子の王将2.64
45ジョイフルジョイフル2.64
46スガキコシステムズスガキヤラーメン2.64
47ドトールコーヒーエクセルシオールカフェ2.63
48安楽亭安楽亭2.63
49日本レストランシステム星乃珈琲店2.62
50ジー・テイスト村さ来2.62
[/nopc] データ引用元 週刊ダイヤモンド
スタバが他社を圧倒しています。
意外なのが吉野家は牛丼という激戦区であるのに、従業員は満足しているようです。
それに比べて、居酒屋は厳しいというのはあるのでしょう。

高収入や福利厚生を交渉代行してもらう

転職し、後悔したという話があります。

1 収入が高くなかった
2 休日や勤務時間が違っていた
3 人間関係が良くなかった

当初、言われていた内容と違っていたというのはよくあります。
それによって、転職失敗だと思う人がいます。

中途採用(キャリア採用)のエントリフォームへ入力するのは間違っています。
今、ほとんどの人は転職エージェントを利用して有利に転職できています。

転職エージェントとは

DODAやリクルートエージェントなどが有名です。

エージェントの収益システム

転職希望者 → エージェント ← 企業

転職希望者は、費用負担ゼロ
エージェントは、企業から報酬を受け取る
企業は、希望する人材を効率的に採用する

転職エージェントのメリット

1 在職中、代行して企業と交渉してくれる
2 事前に、勤務条件(年収や福利厚生)を交渉
3 秘匿性が高く、秘密を守ってくれる
4 履歴書や面接のやり方を指導してくれる

一端、就職してしまうと交渉はできません。
それを事前に全部やってくれる会社です。

[table id=67 /]
[nopc]
 DODAリクナビNEXTリクナビエージェント
方式担当コンサルとの話し合い登録後、相手方からスカウト担当コンサルとの話し合い
得意分野一般職、IT系など全般事務及びベンチャー企業からのスカウト外資系、管理職など
傾向希望者へ、何度も確認し、後悔しないようにするスカウトを受け、納得の上で面談へ向かう登録できる人が限られるVIP案件などもあり、ハードルが高い
DODAへ登録リクナビNEXTへ登録
リクナビエージェントへ登録
[/nopc]
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© MONEYマガジン , 2018 All Rights Reserved.