-為替、株式、仮想通貨を徹底解説-

7月16日 携帯キャリアが二年縛りを解除しないのか

この記事を書いている人 - WRITER -

7月16日 マーケットニュース

今回は少し気になったのが携帯の二年縛り。

政治

NTTドコモは、違約金が発生しない期間を、24か月目まで広げ、3か月間とする案を検討する。KDDIやソフトバンクも、同様に違約金が発生しない期間を延ばすなどの方法で検討するという。ただ、「2年縛り」の抜本的な解消は念頭に置いていない。
引用元 読売新聞

どうやら縛り解消へ期間拡大するようだが、結局同じ。
そんなに都合よく解約期間に合わせて解約することはできない。
抜本的に考えて欲しいものだ。

仮想通貨

米国を代表するヴェンチャーキャピタル(VC)のひとつであるアンドリーセン・ホロウィッツが、仮想通貨(暗号通貨)とブロックチェーンに特化したファンドを設立した。これは出資対象としてのブロックチェーンやICOなどに同社が注目していくという意思表示であると同時に、法的に不透明な部分が多かった仮想通貨がVC業界から「お墨付き」を得たともいえる動きだ。

引用元 WIRED

いよいよベンチャーキャピタルまで動き出しました。
どの通貨がどの程度の比率で今後扱われるのか、注目されます。


zaifより引用

BTC/JPY
713,445

XEM/JPY
18.199

MONA/JPY
243.2

BCH/JPY
81,000

ETH/JPY
50,315

為替

為替が予想外に上がっています。
112円50銭を超えてきました。
円安傾向がますます強くなっていくと思われます。

株価

株価は大きく動いているわけではないですが、トランプ大統領の米中貿易戦争で上がっているものもあります。
今後どうなるのか、トランプ大統領のツイッター次第ではないかと思います。

まとめ

仮想通貨がまた戻してきています。
なんと言っても、ジョージ・ソロスなどが参入しようとしているとも言われていますし。
ある日、突然暴騰する可能性があります。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© MONEYマガジン , 2018 All Rights Reserved.