-為替、株式、仮想通貨を徹底解説-

FX高いスワップポイント・ランキング 南アフリカランド円、トルコリラ円、メキシコペソ円-金利収入で生活するために-

この記事を書いている人 - WRITER -

高いスワップへの投資が人気

株式投資で言えば、株主優待や配当に当たるのがFXのスワップ(金利)です。
ただ、株との違いはレバレッジをかけているので25倍の金利が手に入る点です。

日本でこのスワップが高いと人気なのが3通貨ペアです。

トルコリラ円
南アフリカランド円
メキシコペソ円

では、各通貨ペアをどの会社が扱っているのか確認してみましょう。

通貨ペア比較

各社取扱の有無を一覧にしました。
○は有り、xは無しとなります。
取扱対応表

会社名南アフリカランド円トルコリラ円メキシコペソ円
GMOクリック証券
YJFX!
DMM.com証券
外為どっとコム
ヒロセ通商
マネーパートナーズ
SBI FX
外為どっとコム
FXブロードネット
FXプライム byGMO
JFX
トレイダーズ証券
サクソバンク証券
オアンダジャパン
インヴァスト証券
アイネット証券
マネックス証券
楽天証券
セントラル短資FX
FXトレード・フィナンシャル
外為ジャパンFX
岡三オンライン証券
ライブスター証券
マネースクエア
ひまわり証券
IG証券
デューカスコピー・ジャパン
新生銀行
くりっく365
スワップ比較
[table id=2 /]
[nopc]
会社名米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円南アランド円トルコリラ円
GMOクリック証券59-72839351183
SBI FX64-72649471295
外為どっとコム54-121026331686
外為オンライン5503030405-
ヒロセ通商17-3010505115100
トレイダーズ証券30-2510253020110
DMM.com証券41-314313110-
インヴァスト証券40-161530201085
マネーパートナーズ17020423816110
FXプライム byGMO32-152030251080
サクソバンク証券51-28-433331498
アイネット証券63-1528464316-
マネックス証券48-3013494512102
楽天証券54-121037381183
JFX17-3010505115-
セントラル短資FX3501232301080
FXブロードネット50-91925359102
FXトレード・フィナンシャル59-6104241596
外為ジャパンFX41-314313110-
岡三オンライン証券17-3010505115102
ライブスター証券63-1528464316-
マネースクエア18-28231515551
ひまわり証券5503030405-
IG証券54-2115453512107
デューカスコピー・ジャパン54-201229311399
オアンダジャパン非公開非公開非公開非公開非公開非公開非公開
新生銀行
54-121037381183
[/nopc]

仕組み

スワップとは、通貨間の金利差によりプラスやマイナスになることです。

引用元 マネーパートナーズ
円をトルコリラに交換するという行為なので、金利差が生じ差額が貰えます。

各通貨金利

通貨金利(%)
米ドル2.25
ユーロ0.00
ポンド0.75
0.01
カナダドル1.5
豪ドル1.5
NZドル1.75
スイスフラン-1.25
香港ドル2.5
南アフリカランド6.5
中国人民元4.35
トルコリラ24.0
メキシコペソ7.75
やはり突出して金利が高いのがトルコリラです。

受け取り

今まで、スワップ受け取りは通貨決済しないと受け取りができませんでした。
しかし、通貨は保有したままスワップを受け取れる業者が増えています。

引用元 マネーパートナーズ
このように受け取りボタンを押すと、スワップが貰えます。
建玉がマイナスでも、スワップだけもらえるというのが便利です。

スワップのみ受け取り可能会社一覧

会社名スワップのみ受け取り可能
GMOクリック証券
YJFX!
DMM.com証券
外為どっとコム
ヒロセ通商
マネーパートナーズ
SBI FX
外為どっとコム
FXブロードネット
FXプライム byGMO
JFX
トレイダーズ証券
サクソバンク証券
オアンダジャパン
インヴァスト証券
アイネット証券
マネックス証券
楽天証券
セントラル短資FX
FXトレード・フィナンシャル
外為ジャパンFX
岡三オンライン証券
ライブスター証券
マネースクエア
ひまわり証券
IG証券
デューカスコピー・ジャパン
新生銀行

高スワップ投資への注意点・リスク

7日早朝の外国為替市場でトルコリラが対円で急落した。対米関係の悪化や、中央銀行の独立性への懸念を背景に、リラ売りに拍車がかかっている。特に今朝の急落は、リラの対円相場が1リラ=21円を割り込んだことで外為証拠金(FX)取引を手掛ける日本の個人投資家「ミセス・ワタナベ」によるロスカット(損失確定売り)が出たことが一因となったとみられる。
引用元 日本経済新聞オンライン版

レバレッジを効かせて、多くの資金を失うことがあります。

トルコリラのチャートですが、200円台であったトルコリラは18円台まで数年をかけて下落しています。
よって、急落することを前提として保有することが重要です。
金利収入が大きいので、見逃してしまいますが・・・。
最悪、0円近くまでいっても維持させるだけの資金余力で行う方がいいでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© MONEYマガジン , 2018 All Rights Reserved.